2016年05月16日

板橋の長屋 アンカーボルト設置状況

少しアップするタイミングが遅くなりましたが、配筋検査のすぐ後にアンカーボルトの設置状況を最終的に確認しました。図面で指示しているとは言え、やはり現場に来ればいろいろと指示して変更しなくてはならない事項が出てきます。160516.JPG
posted by 大川信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

板橋の長屋 配筋検査

配筋検査です。工事監理の検査は当然ありますが、今回は住宅性能評価(建設性能評価)も取得するので瑕疵担保保険の検査と併せて公の配筋検査がありました。160512.jpg
posted by 大川信行 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

板橋の長屋 地盤改良

地盤改良(柱状改良・深層混合処理方法)が終了し、床付け作業を行いつつ、建物の配置を確認しています。天気が良くて助かります。160430.jpg
posted by 大川信行 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

板橋の長屋 着工

東京では安全条例の関係で共同住宅を建てることができない土地が結構あります。そんな土地には長屋が計画されます。今回は21戸の長屋を計画しました。変形の土地ということもあり設計に時間がかかりましたが、着工しました。地盤改良工事の様子です。160426.jpg
posted by 大川信行 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

謹賀新年2016

2016nen_hp.jpg新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
(→クリックすると大きな画像になります)
山内は、昨年は2年越の庭が春に竣工し、久しぶりに個人邸の庭ながら、大規模プロジェクトのランドスケープのようなプロセスで庭のダイナミズムを考えるよい機会をいただいたと振り返っております。年末にはセージの花が咲き誇っておりました(写真)。今年は新たなチャレンジが待っているので年始から少々緊張しております。
大川は、昨年後半、増築設計やインスペクション業務において、イレギュラーなお仕事が続いたことで、建築士に求められる仕事が複雑になっていることを感じているようです。
型にはまらない業務を求めるお客様が来られる限り、そのニーズへの対応が社会的な使命なのであればチャレンジしていきたいとのことでした。

本年もよろしくお願いいたします。(山内)
posted by 山内彩子 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

武蔵野の雑木たち

今年も残すところあと1ヶ月を切ってしまいました。
最近の悩み。keyaki15.jpg
近くの大木から飛んできた自宅庭のケヤキの種(実生)、昨年はまあ、育ててもいいかな〜何て軽く思って見守っていたのですが、1年で3m→5m超になってしまいました。幹もしっかりしてきて少々焦っています。
実は吉祥寺でつくったあるお宅の庭も同様で、決断してケヤキを切ったのも記憶に新しいのでした。
また、隣地からかぶさっている桐。こちらも最悪の環境の中10m近くに育ってしまいました(こちらは隣地の木なのでどうともできないkiri15.jpg
見渡すとずいぶん減ったとはいえ、保存樹木の20−30m級のケヤキがぽつりぽつりと目に入るこのあたり。
人口が減って緑地が復活してくれば、また武蔵野の森(二次林)の中に家があるような風景にもどるのかななどと思いつつ、大きくなったケヤキたちを眺めております。
posted by 山内彩子 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

キャピタルゲートプレイス

150528.jpg月島駅からほぼ雨に濡れずにアクセスできる、再開発されたブロックに建つ超高層のマンションです。下層には開発前にそこにあったであろう店舗が入居していて、賑わいがあります。
超高層では階数によってスプリンクラーが設置されるので天井の中が配管だらけになるのですが、ユニットバスの天井点検口から中を覗くと、配管やダクトが石膏ボードを貫通する部分など、実に丁寧に施工されていて好感が持てました。
データ:営団地下鉄有楽町線月島駅から徒歩、売主 三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)、設計 安井建築設計事務所・清水建設設計共同企業体、施工 清水建設(株)

2015年01月06日

謹賀新年2015

2015_nen.jpg新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
(→クリックすると大きな画像になります)
昨年は、一言でいうと、2人とも新たなチャレンジなどにてんてこまい(きりきりまい)してしまった年でした。
と、書いて「てんてこまい」? 「きりきりまい」? どっちがどっち?、ともはや関西弁がわからなくなってしまったことに気づいた年初。山内は京都で育った期間と東京で暮らした時間がほぼ同じくらいになってしまったことに気づいてドキッとさせられました。
足元と目標を見据えてすすみたいものです。

ちょこっと調べたところ「きりきり」(関西)は同じ場所をくるくるまわる錐(工具のきり)に例えて、「てんてこ」(関東)は太鼓の音に合わせて舞う様子だそうです。関西の「きりきり」の方がきつそうな感じ、関東の「てんてこ」は、踊らされている感じもしますね。

ともあれ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 山内彩子 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

謹賀新年2014

2014.jpg新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
(→クリックすると大きな画像になります)
昨年は、いろいろなチャンスをいただき、次への布石になった年でした。
大川は飛躍の年となることを、山内は子供達の成長に沿いながら、お仕事のペースをさらに上げること、新たな出会いがたくさんありますことを祈念します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 山内彩子 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

消費税の暫定措置に思う

10月になりました。テレビをはじめとするマスコミが、9月中旬〜末まで大騒ぎで報道していた、消費税の暫定措置によるかけこみ現象。2014年4月を超えて、竣工、引渡しとなるマンションなどの建築物などの税率が、9月末までの契約によるもののみ、5%の適用が認められるもの。
実際のところ、マンションだけでなく、結婚式場やら、契約が9月中、いつもの何倍もの大賑わいだったとのこと。私たち、設計事務所の仕事も例外ではなく、特に外構工事の分離発注では影響少なからずだった。
でも、実際に、施工をする専門工事業者さん(分離発注では直請けさんだけど、ハウスメーカーなどでは下請けをされている)に9月下旬に話しをしてみたところ、「そんな話しは知らない」という方々が多数。つまりは、5%でお客さんと契約しても、最後に施工する業者さんは資材を8%で仕入れて5%で工事をしなければならないのでは?という状況がみてとれる。つまりは、資材も工事も「調達」レベルでは情報伝達が不十分なのではないか、ということ。
税理士さんに聞いてみると、9月中にその旨、(できれば書面などで)連絡しておけば、施工については5%でよいとのこと。でも現場調達の生コンとかは無理ですよね、というと、「それは無理」と。
なかなか難しい問題だなと思ったのでちょっと書いてみました。
posted by 山内彩子 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ●日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする