2008年09月25日

プラウドタワー武蔵浦和テラス

080925.jpg駅に隣接した再開発の物件。数年前から何度か立ち寄っている駅ですが、居住人口がどんどん増えてにぎやかになっていく気配がありますね。
デベロッパーにもよるしまたそこの担当者にもよるのでしょうが、最近はいろいろな自主検査が厳しくなっている印象があります。それは単純に指摘が少なくなるとか、指摘の質が変わるとかそのような現象で現れるのですが、やはりたくさん見ていたり自分でも現場を持っていたりすると、「つくりっぱなし」の現場と、詰められるところまで詰めている現場とは、説明が難しいのですが、一見して判るものです。でも、買う前にはそこまで読めないので、やはり検査(内覧会)は重要ということになります。
データ:JR埼京線武蔵浦和駅より徒歩、売主 野村不動産(株)
 大栄不動産(株)、設計 (株)アイテック計画、施工 大成・青木あすなろ特定共同企業体


posted by 大川信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●内覧会・立会業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。