2008年11月21日

ピラネージ版画展

なかなか展覧会には行けないのだが、地元で開催されているので見逃してはいけないと思い町田市立国際版画美術館のピラネージ版画展へ。ピラネージは昔から好きで、昔何を思ったかカンプス・マルティウスの実物大の「イクノグラフィア」の複製を買ってしまった事がある。(今もある)
すごい量のピラネージのエッチングを飽きることなく見た。本物ならではの発見も多い。石工の息子が描く石の表現の迫力は凄い。地中の基礎の石に伝わる力までもが表現の対象だ。
最後にヴィラ・デステ(エステ荘)が出てきて思い出した。劇場版ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」に出てきた庭園、あれはヴィラ・デステですぞ。結構雰囲気出てます。ブログに書こうと思っていたのに忘れてました。


posted by 大川信行 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ●批評・文化活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。