2008年12月06日

松本塾

千葉大のOB会「ARCHIBAU」松本塾で、千葉大の小林秀樹先生をお招きして講演をしていただいた。ハウジングに関する現代的な問題を定借コーポラ(つくば方式)を基幹的な手法にしていろいろな規模や背景の具体的なプロジェクトで実践して解決していく話は、「吉祥寺に住みたい」のジェミニ・プロジェクトを考える上でもとても参考になった。ここ数年意識して勉強している土地取引や登記の実務といった建築の「周辺」の知識が建築をやっている我々にもいろいろなスキームを組立てる上でも有用そうで、自分の今の立ち位置を確認する重要な会となった。感謝。


posted by 大川信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●批評・文化活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。