2009年01月13日

住宅保証だより

住宅保証機構から「住宅保証だより」が届く。初めて見る冊子だが、新春号のためか今ちょうど自分の関心が高いからか、読み応えのある内容。先日ハウスペックの会合でも出た瑕疵担保履行法に対する疑問点が、保険の修正という形でニュースになっている。例えば「10/1までに売れ残った物件は1年以上経って中古になるまで待たないと引き渡すことができない?」法的にどういう扱いになるのかはともかく、今回築1年超2年以内の未入居一戸建て住宅が保険の対象となりました。(保証機構の話)
でも共同住宅はどうなるんだろう・・・。売り残り物件は夏ごろたたき売りが始まる?
posted by 大川信行 at 11:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ●CM・分離発注 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新築住宅でなければ、資力確保の義務はありません。
新築住宅とは
http://a-tempo.seesaa.net/article/124673133.html
を参考にしてください。
Posted by アテンポ中村 at 2009年08月02日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック