2009年02月22日

ARCHIBAU総会

千葉大学の建築系同窓会ARCHIBAUの年次総会へ。ただし仕事で遅刻。会場に着くとちょうどARCHIBAU賞選考のための卒業設計の一次プレゼが始まるところ。大学の講評会に行ったので建築学科の作品は余裕を持って聴き、代わりに都市環境システム学科の作品に神経を集中する。そこから上位12作品に再度長めのプレゼをしてもらったのだが、これは教育のせいか、都市環境システム学科の方が作品はともかくプレゼが丁寧。そこからOBによる上位3作品の投票が行われるが、僕の一押しだった建築学科郡司君の保育園は選から漏れる。1,2位は都市環境システム学科の学生。これは「わかってもらいたい」度の差である。建築学科の両学科にとってこれは貴重な機会ではないだうか。来年はここに園芸学部の卒業設計も混ぜたいね、などとランドスケープからの刺客、近藤卓くんと立ち話。


posted by 大川信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●批評・文化活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。