2010年05月17日

ガーデンデザイン業務の現場から100517

bl_100517.jpg
昨年後半頃から、特に力を入れている、個人住宅のガーデンデザイン業務ですが、今年は年明けからいろいろと奔走して、業務の御紹介や現場報告など書きたいと思いながら、ブログでの御報告が遅くなってしまいました。
名古屋の「庭芯設計事務所」との業務提携により、いわば念願の外構CM業務を模索する日々です。設計・監理とCMを手がけます。写真は、文京区のある住宅で、もうすぐ完成する事例です。
建物がほぼ完成したところで御相談をいただいた案件で、いわゆる「旗竿敷地」の幅2mほどの細長い通路をアレンジして、シークエンスを与えるシンプルな植栽帯をデザインしました。
予算をしぼりながらも、自然風のさわやかな植栽がなかなか美しいシンプルな路地庭というところです。あとはウッドデッキと表札が完了すれば完成です。また折をみて庭の素材の話しなどもしたいと思います。


posted by 山内彩子 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ●庭とランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。