2008年03月22日

団地のお仕事雑感

とある団地の駐輪場の改善問題にとりくんでいます。
駅からバス便の立地なので、原付やらバイクやらが通路や歩道にあふれているのを見かねた管理組合が立ち上げたプロジェクトです。
古い団地なので、1戸あたり1台もスペースがない現状で、限られた敷地内でどうすればきれいにうまくおさめられるか、もちろん、400世帯ほどに及ぶ住民の方との合意形成は必須、という課題もあります。
絵的にこの場所を使って、このあたりにこうしたものをつくってはどうかなど思い浮かべて、どうすれば実現するかをひもとくと、小規模ながら宅地造成(土木的なもの、宅地造成法の許可)と建築行為(建築的なもの、建築確認申請)と一団地認定がらみ(ランドスケープ的なもの、一団地変更申請)などの法的な手続きやらが同時に発生して、一見ものすごく面倒なことになりそうなものを、ざざっとスキーム化して提案したりしています。同じ団地でも造園工事などでは、それほど法的な手続きがからまないことが多いので、造園会社で仕事していた時には、景観計画の提案でも、構造物をさわるのがご法度といった傾向がありましたが、手続きモノの免疫ができてくると、あまりおっくうにならずに、自由な提案ができます。建築・土木・造園の分野の壁を通り抜けてできるこうした仕事は、大変でもちょっと楽しいものですね。


posted by 山内彩子 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ●庭とランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。