2008年03月19日

現場審査検査員育成講習会

瑕疵担保履行法の現場審査検査員育成講習会に出向く。この間行ったのは同じく瑕疵担保履行法の損害調査業務担当者育成講習会。要するに住宅建てるのにまた手続きと検査と書類とそのための働き口が増えるということだ。
仮に保険の検査員の立場で現場を見れば、例えば「特殊なコンクリート防水を使っているので立ち上がりはありません」とか「鉄骨です」とか「土台を省いてみました」とかは検査がやりにくいし、マニュアルになければ自信持って判断できないだろうと思う。
・・・と暗い気持ち半分で会場を出ようとしたら先輩の大島康治さんにばったり会う。歩きながら情報交換。本当に価値のある情報というのは、3分の立ち話でも得られる場合がある。


posted by 大川信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●CM・分離発注 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。